注文と建売の比較

一戸建て

一戸建ての注文住宅というのは、工務店や建築専門のメーカーなどにオーダーして自分の思い通りに築く家です。
自分の思い通りにできるということから、間取りやデザインまで色々とお任せすることができるということは大きな強みと言えるでしょう。
特に土地を持っているという人やこれから購入するというような人は、注文住宅を建てることを検討するのがいいかもしれません。
ただ、注意をしておきたいのが、家のイメージはできていないことからあまり具体化できないということ。
そのため、設計を決めていく段階で綿密に打ち合わせしていく必要があり、時間を要することになりますし、コストというところで見ても予算を考えて行動しておかないといけない面があります。

それに対し、建売住宅は購入価格、間取り、試用などは決まっているため仕上がりのイメージがつきやすい、もしくは仕上がった住宅を見たあとで購入できることが最大のメリットといえます。
不動産業者が行う大規模に開発するものであれば、周辺の住宅の外観が統一され、街並みが美しく形成されることが多いと言えます。
自由度が無いというデメリットはありますが、美しい街並みに住みたい、といった環境にこだわりを持つ方におすすめといえるでしょう。

どちらもメリット、デメリットはありますが、同じ一戸建ての物件を選ぶ上で、注文住宅にしかなせない大きなメリットがあります。
それは、建築していく過程を見ることができるということです。
施工に不安な点があれば確認することが可能、付け加えたいことがあれば対応してもらえるなど、決して安くない不動産購入であるからこそ、手間をかけてマイホームを自分の手でつくっていく喜びを感じることが可能と言えます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031